[考察] なぜ田中将大投手はMLBから楽天に復帰したのか

スポンサーリンク
仙台

2021年1月28日コロナの影響が世界中に及ぶ中、仙台に明るいニュースが!

2013年シーズンに24勝0敗と圧倒的成績を残し、楽天イーグルスからニューヨーク・ヤンキースへ移籍した田中将大投手が、楽天イーグルスへ復帰することが発表されたわ!

そんなメジャーリーグでコンスタントに活躍し続けた田中投手が、なぜ楽天イーグルスへ復帰することとなったのか。

様々な記事や文献、そして田中投手の復帰会見から今回の移籍を考えるわ。
結論から言うと、震災10年の節目への思い・ヤンキースと再契約できなかったことが考えられるわ。

田中将大投手について

成績

田中将大選手

  • 生年月日:1988年11月1日(32歳)
  • 出身地 :兵庫県伊丹市
  • 守備位置:投手
  • 推定年俸:2020年 年俸2300万ドル(約24億6400万円)【※メジャーの試合数削減により851万ドル(約9億1200万円)に削減】
  • 主な経歴:沢村栄治賞:2回(2011年、2013年)、最優秀選手:1回(2013年)、新人王(2007年)、ベストナイン:2回(投手部門:2011年、2013年)、MLB 月間MVP:1回(投手部門:2014年5月)
    • 日本で99勝、米国で78勝、合計176勝




















































W
H
I
P
2007 楽天 28 28 4 1 0 11 7 0 0 .611 800 186.1 183 17 68 2 7 196 10 1 83 79 3.82 1.35
2008 25 24 5 2 1 9 7 1 0 .563 726 172.2 171 9 54 3 2 159 6 0 71 67 3.49 1.30
2009 25 24 6 3 0 15 6 1 0 .714 771 189.2 170 13 43 0 7 171 3 0 51 49 2.33 1.12
2010 20 20 8 1 2 11 6 0 0 .647 643 155.0 159 9 32 1 5 119 1 0 47 43 2.50 1.23
2011 27 27 14 6 4 19 5 0 0 .792 866 226.1 171 8 27 0 5 241 7 0 35 32 1.27 0.87
2012 22 22 8 3 4 10 4 0 0 .714 696 173.0 160 4 19 0 2 169 4 0 45 36 1.87 1.03
2013 28 27 8 2 1 24 0 1 0 1.000 822 212.0 168 6 32 0 3 183 9 0 35 30 1.27 0.94
2014 NYY 20 20 3 1 1 13 5 0 0 .722 542 136.1 123 15 21 0 4 141 4 0 47 42 2.77 1.06
2015 24 24 1 0 0 12 7 0 0 .632 609 154.0 126 25 27 0 1 139 4 0 66 60 3.51 0.99
2016 31 31 0 0 0 14 4 0 0 .778 805 199.2 179 22 36 0 3 165 7 0 75 68 3.07 1.08
2017 30 30 1 1 1 13 12 0 0 .520 752 178.1 180 35 41 1 7 194 7 0 100 94 4.74 1.24
2018 27 27 1 1 0 12 6 0 0 .667 635 156.0 141 25 35 0 7 159 3 0 68 65 3.75 1.13
2019 32 31 1 1 0 11 9 0 0 .550 759 182.0 186 28 40 0 2 149 7 0 95 90 4.45 1.24
2020 10 10 0 0 0 3 3 0 0 .500 197 48.0 48 9 8 0 2 44 0 0 25 19 3.56 1.17
NPB:7年 175 172 53 18 12 99 35 3 0 .739 5324 1315.0 1182 66 275 6 31 1238 40 1 367 336 2.30 1.11
MLB:7年 174 173 7 4 2 78 46 0 0 .629 4299 1054.1 983 159 208 1 26 991 32 0 476 438 3.74 1.13

正直野球ファンでは知らない人はいないほどの圧倒的成績だわよね…
楽天イーグルス、そして日本の大7エースの田中将大選手

2021年シーズン契約内容と契約の噂

次に、田中投手の2021年シーズンの契約内容を調査。

  • 2年契約 9億円+出来高払い(NHKなど報道)
    • 石井GM「日本球界最高年俸なのは間違いない(巨人菅野投手は推定8億)」とのコメントから各社9億と推定。
  • 複数年の2年契約だが、1年目シーズン終了時にメジャーリーグへの復帰を楽天側は認める方針(オプトアウト→契約解除可能)
    • MLB再移籍時にはポスティングシステムで移籍?[参考]
  • 背番号は18
    • 田中投手移籍以降、楽天の準永久欠番に

日本球界にとっては9億円というのは最高級の契約内容だわ。でも、MLBを舞台にヤンキースと7年160億円の契約をしていた田中投手にとっては、破格とはいえない内容よね…

さらに、田中投手の楽天入団会見では気になる発言が

自分自身このフリーエージェントになった瞬間というタイミングでは、正直な話をするとやはりヤンキースで、ヤンキースと再契約してまだプレーがしたいという思いがありました

2021年1月30日 楽天イーグルス入団会見より

自分の中で日本一になるということ以外、本当に全然考えていないが、事実としてワールドシリーズに出てチャンピオンリングを手にしていないというところは、当初そこを目標にしてずっとプレーしてきていたので、そこはやはり、やり残した部分だという風には思っている

2021年1月30日 楽天イーグルス入団会見より

これからいろいろぱらぱらアメリカのほうからもどういうオファーが実はあったとか、そういう話も出てくると思うが、この厳しいコロナ禍の中で、世界中が厳しいこの状況の中でも7年間、向こうでプレーしたことをものすごく評価していただき、大きなオファーというものもありました。

2021年1月30日 楽天イーグルス入団会見より

つまり、田中投手は、

  • ヤンキースとの再契約が最優先だった
  • メジャーの球団の中には、楽天イーグルス以上の契約条件(主に年俸)を出す球団もあった

ということを示唆しています。なぜ田中将大投手は、楽天イーグルスへ復帰した(してくれた)のかしら。

田中将大投手が楽天イーグルスに復帰した理由

◎ヤンキースと再契約できなかった

一番大きな要因は、田中投手の第一志望だったヤンキースと再契約できなかったから。田中投手本人も会見でこのように言っていたわね。

自分自身このフリーエージェントになった瞬間というタイミングでは、正直な話をするとやはりヤンキースで、ヤンキースと再契約してまだプレーがしたいという思いがありました

2021年1月30日 楽天イーグルス入団会見より (再掲)

ヤンキースはなぜ田中投手と再契約しなかったのか。

なぜヤンキースは再契約しなかったか

新型コロナの不況によるコストカット

ヤンキースが再契約できなかった最大の理由は、新型コロナの影響による大不況。MLBは、昨年60試合かつ無観客で開催。世界中のスポーツの球団経営は相当苦しい状態にあるわ。メジャー屈指の”お金持ち球団”であるヤンキースでも影響は計り知れない状態なの。

さらに、メジャーにはチーム間の年俸の差を広げないために“ぜいたく税”というものが導入されているわ。

“ぜいたく税”の対象以上の年俸になってしまうと、出費が増大してしまうの。そのため、ヤンキースは今シーズンを迎えるにあたって、“ぜいたく税”の基準以下に年俸を抑えることが必須条件となってしまったの。つまり、ヤンキースはお金をかけず効率的な補強しかできなくなってしまったの。

第2エースとしての物足りなさ

 もう一つの理由は、田中将大投手の“第2エース”としての物足りなさ。昨シーズン(2020年)、田中将大投手はヤンキースの中で年俸ランキング堂々の3位!(1位はエースのゲリット・コール)。年俸的にも、“第2エース”として期待をされていた田中投手。しかし、サマーキャンプ初日に打球を頭に受けてしまうという不運もあり、今シーズンは突出した成績を収められなかったわ。

チームとしての田中投手への評価があらわれてしまったのが、大切なポストシーズン、レイズとの地区シリーズ第2戦。

シリーズ第2戦でヤンキースは、田中ではなく新人のガルシアをオープナーとして先発させ、2回から左腕JA・ハップにつなぐという奇策を用いた。結果は見事に失敗し、第2、3戦の敗北が響いてヤンキースはレイズに2勝3敗で敗退。振り返ってみれば、このシリーズまでに田中が好調時の切れ味を取り戻していれば、第2戦ではすんなりと先発を任されていたに違いない。

田中将大と契約しなかったヤンキース。「第2エース」確立をどう考えたか|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ヤンキースに在籍していた7年間、一流の成績を残し続ける安定感は今でも米国で評価されているわ。しかし、ヤンキースという名門球団で、超一流の突出した成績や印象を残すことができなかったのかもしれないわね。

ヤンキースは田中投手の年俸分で投手を2人獲得

ヤンキースは結果的に、コリー・クルーバー投手、ジェイムソン・タイロン投手を獲得したわ。ヤンキースのGMの発言からの、その意図がわかるわ。

「2021シーズンを戦うにあたり、これが最善の道だと思った。ひとり(=田中)分の価格で2人(=クルーバー、タイロン)を獲得できれば、それがよりよい戦略なのかもしれない」

田中将大と契約しなかったヤンキース。「第2エース」確立をどう考えたか|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

つまり、ヤンキースは同資金で2人の投手を獲得することで、戦力の拡充とコストカットを行ったの。

これらの理由で、ヤンキースと田中投手の再契約は実現しなかったわ。

○MLBや米国の不透明さへの不安

2つ目は、米国やMLBの不透明さ。ヤンキースと再契約できなかった田中投手には、他のMLBの球団から楽天を超えるオファーがあったのがほぼ確実よ。それは、田中選手が会見で示唆しているの。

これからいろいろぱらぱらアメリカのほうからもどういうオファーが実はあったとか、そういう話も出てくると思うが、この厳しいコロナ禍の中で、世界中が厳しいこの状況の中でも7年間、向こうでプレーしたことをものすごく評価していただき、大きなオファーというものもありました。

2021年1月30日 楽天イーグルス入団会見より (再掲)

田中投手は、安定した成績を出し続けることを高く評価されているわ。ではなぜMLBのオファーを蹴ったのか?

MLBはNPBより新型コロナの影響が大きい

MLBは2020年シーズン、新型コロナの影響でシーズンの試合数、そして選手の年俸が大きく減ったの。

  • 試合数は、160試合から約半分の60試合に
  • 年俸は、試合数に比例し半分以下の約35%に
  • すべての試合、無観客で開催。

一方NPBは、

  • 試合数は、144試合から約2割減の120試合に
  • 年俸は、試合数の減少による一律の減俸は無し
  • 一時は無観客も、段階的に有観客化

このように、MLBのほうがNPBより新型コロナウイルスの影響が凄まじく大きいの。

2021年シーズンでも、MLBのほうがNPBより開催に不透明な点が多いと言えるわ。そのため、より見通しが明るいNPBに復帰したと考えられるわね。

米国の新型コロナウイルスの蔓延と治安

移籍でなんといっても必要なのが、家族と安心して暮らせるか。ある記事では、田中投手の家族を大切にしている事がわかるエピソードが。

田中はヤンキース時代、家族4人でセントラル・パークを散歩することを、なにより楽しみにしていました。それほど、家族と過ごす時間を大切にするタイプなんです。仙台でも家族揃って暮らすことを望むでしょう。

田中将大「仙台に単身赴任」のピンチ!妻・里田まいにオファー殺到中…2500万円のCMも(SmartFLASH) – Yahoo!ニュース

また田中投手は、妻の里田まいさんと2人の子供の4人家族です。長男は4歳になるということもあり、幼稚園等の教育関連も考えなければなりません

しかし、米国は大統領選挙や新型コロナウイルスの各種報道でも明らかなように、安心して暮らせる状況にあるとは言い難いです。

今まで、田中投手が住まわれていたニューヨークは比較的安全で発展した都市だわ。そのため、大統領選挙の影響で分断が進んだアメリカの、他の都市への移住をためらう気持ち納得できるわよね。

その点日本、仙台には家があり家族にとっても良い環境であると言えるわよね。

☆東日本大震災から10年・楽天イーグルスへの思い

最後は、東日本大震災から10年”と“楽天イーグルスへの思いよ。個人的には、今回の移籍の大きな要素だと思うわ。

東日本大震災から10年

田中投手は、楽天イーグルスの復帰会見の冒頭の挨拶の最後に、この発言を選んだわ。

今シーズン、先ほど話にもあったが震災から10年という年で、その中で自分が初めてフリーエージェントになって、チームを選べる立場にあったわけだが、その中でこの10年という数字はやはり何か自分にとって意味のあるタイミングなのではないかという風にも思ったので、今回このような決断に至りました。

2021年1月30日 楽天イーグルス入団会見より

入団会見の冒頭の挨拶の締めに語るほど、田中投手にとって東日本大震災10年への思いが強いということを感じたわ。

また、会見の中で、被災地の方への思いを問うものが。

Q
被災地の人にどんな姿を見せたいですか?
A
いまでも一緒になって頑張りたいという気持ちはもちろん、変わらずある。また近くに、いままで以上に近くにいられることで、僕に何かできることがたくさんあるかもしれないので、できるかぎりやはり協力していきたいし、みなさんと一緒に頑張っていきたいと思っている

2021年1月30日 楽天イーグルス入団会見より

大地震が発生後、チームとしても被災地を訪れ多くの方と交流、MLBに移籍後も毎シーズンオフには、仙台を訪れ、小学生らとの交流を続けている田中投手。

これらの会見の発言で、田中投手の思いが中文すぎるほど伝わるわね.。

楽天イーグルスへの思い

最後に、楽天イーグルスへの思い。こちらも、会見の冒頭挨拶の中でチームへの感謝を述べているわ。

7年前、メジャーリーグに挑戦するときに快く送り出してくれて、そしてまた、あたたかく楽天イーグルスに迎え入れて下さった三木谷オーナーには本当に感謝しかありません。
ありがとうございます。

〈中略〉

立花社長には毎年、毎オフ、仙台の施設だったり、そういうものを好きなように使ってくれと言っていただき、本当にいつもあたたかいサポートをしてくれていました。

2021年1月30日 楽天イーグルス入団会見より

メジャーへ移籍時も、円満に快く送り出し、移籍後も良好な関係を続けていた田中投手と楽天イーグルス。この良好な関係が今回の日本の球団への移籍、そして、NPBの中でも田中投手が楽天イーグルスを選んだ大きな要因と言えるわ。

最後に、楽天イーグルスへの思いが一番現れた発言を紹介するわ!

Q
楽天を離れたときにいつかこういう日がくるというような希望や予感はありましたか?
A
〈中略〉
また必ず日本に帰ってきて、楽天でまた、キャリアの晩年ではなくて、どこかいいタイミングでまた日本でばりばりと投げたいなという思いは初めからありました。

2021年1月30日 楽天イーグルス入団会見より

まとめ

今回は、なぜ田中将大投手はMLBから楽天に復帰したのかについて、情報を私なりにまとめてみたわ。

田中将大投手がMLBから楽天に復帰した理由
  • ◎ヤンキースと再契約できなかった
    • なぜヤンキースは再契約しなかったか
      • 新型コロナの不況によるコストカット
      • 第2エースとしての物足りなさ
        →[結果]ヤンキースは田中投手の年俸分で投手を2人獲得
  • ○MLBや米国の不透明さへの不安
    • MLBはNPBより新型コロナの影響が大きい
    • 米国の新型コロナウイルスの蔓延と治安
  • ☆東日本大震災から10年・楽天イーグルスへの思い
    • 東日本大震災から10年
    • 楽天イーグルスへの思い

今回の移籍がマー君にとって、そして楽天イーグルスや日本球界のために良いものになることを願っているわ!

新型コロナの影響がおさまって、また満員の球場で日本シリーズのような感動的な試合が見れますように

以上、カウタンでした。それでは、またございん(また来てください)!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました