リベ大で紹介されていた、東証REIT指数連動のETFについて調べてみた

スポンサーリンク
お金の学び

おばんです!!カウタンだよ〜

今回は、リベ大で紹介されていた東証REIT指数連動のETFについて調べてみたわよ。

結論から言うわ。紹介する3つの商品どれを買っても、内容はほぼ同じ!!

・One ETF 東証REIT指数
・ダイワ上場投信-東証REIT指数
・NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

今回は、わかりやすさ重視のため要点だけを説明するわよ

世の中の法則。2割の要点がわかれば、8割のことがわかるわよ

この記事でわかること
  • 東証REIT指数連動のJ-REITについての要点
  • 3つの商品の、どれを買えばいいかの説明

そもそもREITとは

そもそも、REITとは何かを調べたわ。

REITとは、投資家から資金を集めて不動産を運用し、 それによって得る賃料収入等を原資として投資家に分配する仕組み

JーREITとは?ーJAPAN-REIT.COM
http://www.japan-reit.com/beginner/01
カウタン
カウタン

わかったような、わかっていないような・・・

もっと簡単に言うと、“お金を出し合って、多くの人と共同で不動産のオーナーになれる仕組み”だわよ。

REITで投資する不動産の種類は、こんな感じだわよ。うっすら知っておくべきだわね。

  • 賃貸住宅
  • 商業施設
  • 物流施設
  • ホテル など

これらの種類を、上手に組み合わせている商品を選ぶのが大切。幅広い範囲の不動産に投資ができるわ。

東証REIT指数とは?

色んな種類の不動産を組み合わせると行っても、組み合わせ方が難しいわよね。

その組み合わせ方の指標の1つに、“東証REIT指数”があるの。

東証REIT指数とは、こんなもの。

東京証券取引所に上場しているREIT(不動産投資信託)全銘柄を対象にした指数(インデックス)。 時価総額(発行済口数×投資口価格)に応じた組入れ比率になるように作られています。

学ぼう!「東証REIT指数」の魅力|特集楽天証券
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/indices/05.html

つまり、東証REIT指数は、日本全国の不動産に取引量に比例して、まんべんなく投資ができる指数よ。

東証REIT指数に連動した商品について

最後に、東証REIT指数に連動している商品のオススメを紹介

東証REIT指数に連動している商品は、以下の7個(2020/8/4 時点のデータ)。

ファンド名 会社名 カテゴリー リターン
(3年)
標準偏差
(3年)
信託報酬等
(税込)
純資産額
(百万円)
(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信 野村 国内REIT 3.15% 16.35 0.17% 327,896
One ETF 東証REIT指数 アセマネOne 国内REIT 0.17% 33,484
ダイワ上場投信-東証REIT指数 大和 国内REIT 3.31% 16.36 0.17% 122,329
SMDAM 東証REIT指数上場投信 三井住友DS 国内REIT 3.18% 16.30 0.24% 67,404
上場Jリート(東証REIT指数)隔月分配(ミニ) 『愛称:上場Jリート(ミニ)』 日興 国内REIT 0.27% 8,821
NZAM 上場投信 東証REIT指数 農中全共連 国内REIT 3.19% 16.34 0.27% 179,888
上場インデックスファンドJリート隔月分配 『愛称:上場Jリート』 日興 国内REIT 3.16% 16.35 0.33% 209,260

この情報だけじゃ、どれを買えばいいのかわからないわよね・・・

東証REIT指数連動で買うべき商品

東証REIT指数連動の商品でオススメなのは、赤文字の3つの商品

・One ETF 東証REIT指数
・ダイワ上場投信-東証REIT指数
・NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

表の商品は、同じ指数に連動しているので、どれを買っても内容はほぼ同じ。

だから、一番気をつけることは、実質コスト(手数料)を最小にすること。

この3つから、自分好みの1つの商品を選んでね。

純資産額”(どれだけお金が集まっているか)や“商品の新しさ”が、基準のひとつになるかもね。

参考
ダイワ上場投信-東証REIT指数”と、“NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信”の組入比率は、ほぼ同じ。(“One ETF 東証REIT指数”は新しいため、データなし)

まとめ

今回は、東証REIT指数連動のETFについて調べてみたわ。

東証REIT指数連動のETFについて
  • REITとは、“お金を出し合って、多くの人と共同で不動産のオーナーになれる仕組み”
  • 東証REIT指数は、“日本全国の不動産に取引量に比例して、まんべんなく投資ができる指数”
  • 同じ指数連動の商品を比較する時は、実質コスト(手数料)を最小にすることを考える

気になる人は、残りの2割を調べてみてね〜

みんなの生活が、少しでも楽しいものになることをわたしは祈るわ。

*投資判断はあくまで自己責任で

以上、カウタンでした。それでは、またございん(また来てください)!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました