楽天を近くで応援!内野指定席3塁側Aについて[写真いっぱい楽天生命パーク座席紹介 #1]

スポンサーリンク
仙台

おばんです!!カウタンだよ〜

今回は、楽天生命パーク座席紹介 #1「内野指定席3塁側A」を紹介するの。結論から言うわよ。

楽天を応援しやすさ&試合の見やすさ◎
少しいい席で応援したい初心者の方におすすめ!
でも少し割高よ・・・

私がそう思う理由を書かせてもらうわよ。

この記事でわかること
・楽天生命パーク“内野指定席3塁側A”の概要
・楽天生命パーク“内野指定席3塁側A”の良い点と残念な点
・初心者も経験者も必見!“内野指定席3塁側A”のコツ

楽天生命パーク宮城について

2021年撮影

「楽天生命パーク宮城」は、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地よ!

2005年の楽天のプロ野球新規参入から、何度も改修が行われているわ!

今では最大収容人数30508人天然芝で外野には観覧車もある立派な球場に〜

場所は、JR仙台駅の東側、住所でいうと宮城県仙台市宮城野区にあるわ〜

公式ホームページより

球場までのアクセスはこんな感じ!
他のNPBの球団に比べたらアクセスは良いほうね〜

“内野指定席3塁側A”の概要

基礎知識

“内野指定席3塁側A”は、楽天イーグルスのベンチのすぐ上にある座席!

もう少し詳しく言うと、座席表上図のオレンジ色の部分が“内野三塁側指定席A”の範囲よ〜

この2つの図でわかるように、この“内野三塁側指定席A”は内野グラウンドがすっごく近い席よ〜

後で詳しく説明するけど、試合のみやすさだけでなく、とりやすさも兼ね備えているのよ!
(VIPシート(上図水色)より一般販売に枚数が出回っている)

座席の見え方紹介

続いて、座席でいちばん大切な座席からの見え方を紹介!

1. C-15列11番付近(ホーム近く)

C-15列11番付近
C-15列11番付近
C-15列11番付近

2. C-15列31番付近(3塁ベース近く)

C-15列31番付近
C-15列31番付近

3. C-15列61番付近(3塁ベースレフト寄り)

C-15列61番付近
C-15列61番付近

4. C-15列61番付近(グラウンド近く)

C-3列61番付近
C-3列61番付近

“内野指定席3塁側A”の良い点・残念な点

良い点

グラウンドが近い

なんと言っても、“内野指定席3塁側A”の良い点はグラウンドが近いこと!

楽天生命パークはファールゾーンが狭いから、
なおさら見やすく感じるわね〜

グラウンド全体が見渡せる

前の写真紹介を見てほしいんだけど、
“内野指定席3塁側A”はグラウンドのどこも死角にならないのが◎。

他の座席だったら、ホームが見にくいや、
反対側の外野が見にくいなど発生しやすいんだけど、
この座席は、球場指折りで試合全体やバックスクリーンが見やすいわよ〜

残念な点

少し値段が高い

この座席の欠点は、そこそこ値段が高いところ。

大体は、バックネット裏やフィールドシート、よりグラウンドに近いVIPシートに次ぐ、
値段設定になっているわ。

値段の割に、座席が硬くて狭い

この座席は、新規参入したときから使われている座席だわ。
なので、値段の割に座席の更新がされておらず、固くて狭いのが気になってしまうわ。

広い席や、柔らかい席がいい人は、「内野3塁側テーブルシート」が個人的におすすめよ。

テーブルがない

観戦のときに、あったらとても便利なのがテーブル。

おつまみや飲み物、スマートフォンを置くときにテーブルはとても便利よね〜

でも、この座席にはテーブルはないの…(そこそこ高い席種なのに〜)

ドリンクホルダーは、1席1つあるから安心してね〜

初心者も経験者も必見!”内野指定席3塁側A”のコツ

最後に、”内野指定席3塁側A”の座席を取るときのコツを紹介するわ〜

①できるだけ「最前列」を取るべし
 →通路が広くて、グラウンドが近くに
②できるだけ「通路側」を取るべし
 →人に気にせずお手洗いに行きやすいよ
③できるだけホーム寄り」を取るべし
 →試合が見やすくなるよ
「座布団」を用意するべし
 →席が硬いから、長時間だと辛いよ

まとめ

今回は、楽天生命パーク座席紹介 #1「内野指定席3塁側A」を紹介したわ〜

内野指定席3塁側A“の良い点
・グラウンドが近い
・グラウンド全体が見渡せる
内野指定席3塁側A“の残念な点
・少し値段が高い
・座席が狭くて硬い
・テーブルがない

楽天を応援しやすさ&試合の見やすさ◎
少しいい席で応援したい初心者の方におすすめ!
でも少し割高よ・・・

野球観戦で、座席選びはすっごく大切〜
もし現地で見るときには参考にしてね。

以上、カウタンでした。それでは、またございん(また来てください)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました